第2回 フラットスケート フェスティバル

Pocket

第2回目のフラットスケート フェスティバルが9月5日(日)に前回同様「元気フィールド仙台」の駐車場で開催されました。今年の夏は近年まれに見る辛暑でしたが、当日は9月にもかかわらず雲ひとつない真夏日! 出足が心配でしたが、100名近くの参加者で賑わいました。
 今回は前回からの反省点などをうけて少し改訂をしました。まずは下図のように前回なかったフリーランエリアを設置しました。ここでは種目を限らず自由に滑走できる場所です。また、スラロームエリアを設け、こちらもスケートボードとインラインスケートの場所を設けました。そして、前回同様にスクールエリアを設けました。

 まずは会場の設営です。今回も全員ボランティアで朝8時から設営開始。スケート関係者はもちろんですが、仙台市や元気フィールド仙台の皆様にも早朝からご協力を頂き、無事10時のスタートには間に合いました。2回目ということもあり、前回よりもとてもスムースな設営だったと思います。写真はほぼ全景。向かって右がフリーランエリア、左がスラロームエリア、右奥がスクールエリアです。

 今回もクラスに分かれて45分のスクールが5回開催されました。今回も荻堂先生を筆頭に6人のインストラクターの皆様に担当して頂きました。まずは最初の初心者クラスを前に荻堂先生からのご挨拶。

 ボードに対して足の置き方を教えています。最初に間違えると進歩が遅くなりますので、とても大切なことですね。

 アンケート結果からとてもていねいな指導への感謝のコメントがたくさんありました。このような手取り足取りでのスクーリングがとてもよかったのでしょう。

 だんだん慣れてくると自由に動かせるようになりますね。

 こちらのグループはオーリーの練習中。みなさんヘルメットにニーパット着用でとてもスクールらしいです。安全第一!

 お昼を過ぎるとだんだん日陰の部分がのびてきます。風は涼しいのでとても快適!「水を得た魚」のようにスケーターの足も軽やかになってきましたね!

 こちらはスラロームエリアで滑走するインラインスケーターとフリーラインスケーターのお二人(写真に写っているは二人ですが、実際には十数名の参加がありました)。種目は違っても同じ平地でのスケートを愛好する仲間です!

 最後は集合写真です。今日も一日暑いなか、今回も100人近いスケートボーダー、インラインスケーター、フリーラインスケーターが参加して下さいました。みなさまお疲れ様でした。

 さて、今年度のイベントはこれで終了となります。今後は関係者間で来年度へ向けたミーティングを持ち、機会があればまた開催を希望したいと思います。
 最後になりましたが、今回も変わらぬお力添えを頂いた 仙台市スポーツ振興課の皆様、元気フィールド仙台の皆様、東北スケートボード愛好会の皆様、仙台スケートボード父母の会の皆様、インラインスケートの皆様、イベントに参加して下さった皆様、SSBAをサポートしてくださった皆様はじめ、多くの皆様に厚く御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)